遅漏を改善するには?膣内射精障害を治す方法

遅漏を改善するには?膣内射精障害を治す方法

早漏で悩む男性は多いですが、遅漏で悩む男性も多いとされています。 実は早漏よりも遅漏の方が女性に嫌われると言われているため、男性にとっては深刻な悩みになってしまうでしょう。 セックスの時に挿入してから射精するまでの時間が長すぎる場合、女性は苦痛に感じてしまいます。 一般的に挿入から射精までの平均時間は7~12分とされており、これより時間がかかってしまう人は遅漏であると言えます。 もちろんパートナーの感じ方によっても変わってきますし、一人で悩むのではなくまずはパートナーに相談してみるのがおすすめです。 なかなか終わらなくても気にしないという人もいますし、改善するための方法というものもあります。 そのような方法を知っておくのが良いとされています。 これはデリケートな問題ですし、他人には知られたくないという人もいるかもしれません。 男性にとってなかなか射精できないのはストレスになってしまいます。 パートナーにとってもセックスが苦痛になってしまうことがありますし、挿入時間が長くなることで女性が痛みを感じてしまうこともあるのです。 また、男性を快感に導くことができなかった場合、自身に魅力がなかったのではないかと悩んでしまうということも考えられます。

遅漏の原因について

性欲はあるのにセックスで快感を得られないというのは、男性にとっても女性にとっても大きな悩みになります。 女性の場合は体質によっても異なってきますが、男性の場合は基本的に膣内に射精して終わることになるでしょう。 どんなに頑張っても射精できない場合、遅漏の可能性があります。 射精障害やEDなど性に関する悩みは精神的な問題であると考えられることが多いです。 セックスのときの失敗がトラウマになってしまうこともありますし、仕事や家庭のストレスによってなかなか射精できなくなってしまうこともあるのです。 しかし、実際には精神的な問題ではなく、身体的な問題によって引き起こされることが多いです。 セックスにも体の相性というものがありますし、性器の形や大きさにはには個人差があります。 体の相性が良ければ快感を得やすくなりますが、相性が悪いと遅漏になってしまうということもあるのです。 気持ちよさを引き出すのは愛情という部分もあります。 相手に対して愛情があれば男性ホルモンの分泌量が増えますし、射精しやすくなるということです。 恋人との付き合いが長くなったり、妻との結婚生活が長くなることにより、このような気分の盛り上がりは薄くなってしまいます。 気分の盛り上がりが薄くなることにより、結果として射精ができなくなってしまうことも多いです。 刺激の強すぎるオナニーを続けている人も遅漏になりやすいので注意しましょう。 ペニスへの刺激はセックスよりオナニーの方が強いですし、刺激に慣れすぎるのは良くないということです。 過激なAVばかり見ている場合、セックスにおける性的興奮を減退させてしまいますし、勃起不全を招くこともあるでしょう。 加齢が原因で男性ホルモンが減少した場合、射精までの時間が長くなってしまうことがあります。 加齢は避けられないことですし、薬による治療が必要になるでしょう。 また、アルコールや薬の副作用などが原因で遅漏になってしまうこともあります。 薬の場合は自己判断で服用をやめることはできませんが、アルコールを控えることで下半身への影響を減らすことに繋がります。 遅漏は男性不妊症の原因になってしまうこともあります。 射精自体はできているのであまり問題にはなりませんが、子供が欲しいと考えているなら治療が必要になることもあるでしょう。 間違ったオナニーが原因となることもあるため、自身の性的感覚に集中するようなトレーニングを行うことになります。 すぐに子供が欲しいなら人工授精も検討しましょう。

オナニーをし過ぎて遅漏になっている

遅漏の主な原因は男性ホルモンの不足であると言われています。 性的な刺激を受けると男性ホルモンが大量に分泌されますし、ペニスへの血流が増えることで勃起します。 また、気分が高まることで精子が多く作られるため、射精に至るということです。 男性ホルモンは主に加齢が原因で分泌量が減ってしまうと言われています。 しかし、場合によっては若くても減少してしまうことがあるのです。 遅漏が悪化すると膣内射精障害になると言われており、射精に至るまでの時間が非常に長くなってしまったり、射精そのものが難しくなってしまうということです。 亜鉛は精子の原料となるため、遅漏や精力減退で悩んでいる男性におすすめです。 遅漏はペニスに過度な刺激を与え続けたことが主な原因とされています。 ペニスに過度な刺激を与え続けた場合、その刺激に慣れてしまいます。 また、過激なAVを毎日のように見ていると、視覚から受ける性的興奮も弱くなってしまうのです。 結果として見慣れているAVと現実との間にギャップが生じてしまいますし、なかなか射精できなくなってしまうことに繋がります。 遅漏はオナニーのやり方を変えるだけで解決することが多いですペニス器を床や布団に当てて刺激する方法でオナニーをしている男性もいるでしょう。 床や布団などにペニスを押しつけ、そこに体重を加えながら擦りつける方法は気持ち良いですし、勃起をしなくても射精できるようになります。 しかし、この状態での射精に慣れてしまった場合、同じ状態にならないと射精できなくなることもあるのです。 また、手で強く握り過ぎることにより、ペニスの感度が鈍くなることもあります。 皮オナニーも良くない方法とされています。 皮オナニーをやると包皮が伸びてしまいますし、包茎になるリスクが高くなってしまうのです。 特に元から皮が多い人は悲惨なことになってしまうかもしれません。 皮オナニーは力を入れてペニスを握ることになるため、やり過ぎるとセックスの時にはあまり気持ち良く感じられないこともあります。 オナニーをし過ぎて遅漏になっている場合、しばらくオナ禁すると良いでしょう。 もちろんオナ禁といっても完全にやめるのではなく、オナニーの回数を減らすだけでも改善する効果が期待できます。 毎日やっている場合は2日に1日程度にしてみましょう。 オナニーの回数を減らすことでAVを見る時間も減らすことができます。 また、オナニーをする時は現実的な想像のみで射精を目指しましょう。

精力剤やペニス増大サプリを使用する

遅漏は肉体的な要因によって起こってしまうことも多いです。 射精をするためにはかなりの体力が必要であり、セックス1回で30分マラソンをする程度の運動量があると言われています。 そのため体力があって健全な体でなければ、遅漏になってしまうこともあるでしょう。 疲労が溜まっている時は生命維持が優先されてしまいますし、射精までできなくなってしまうのです。 肉体的な原因で遅漏になっている場合、精力増強剤やペニス増大サプリを使用するのがおすすめです。 ちなみに、医薬品の場合は一時的に興奮状態にするというものであり、過度な服用をすると体への負担が大きくなるので注意しましょう。 サプリメントは医薬品ではありませんし、重篤な副作用のリスクなどはありません。 医薬品のような即効性はありませんが、継続することで体の内側から精力を回復させることができますし、精力増強に繋がっていくでしょう。 精力増強剤やペニス増大サプリにはさまざまな栄養素がバランスよく配合されています。 そのため日常生活では摂取が難しい栄養素でも効率よく摂取できるのです。 シトルリンは元々医薬品指定されていた成分ですが、ペニスへの血流を促進してくれますし、勃起力を高める効果が期待できます。 2007年には医薬品指定が解除されたため、サプリメントにも配合できるようになりました。 亜鉛は必須アミノ酸の一つですが、体内では作ることができないため、外部から取り入れる必要があります。 アミノ酸は生命維持に欠かせないことはもちろん、精液を作る働きや精力アップなどの効果も期待できます。 シトルリンは体内でアルギニンに変換されてから吸収されることになります。 アルギニンを直接摂取するよりも吸収率が高くなると知っておきましょう。 また、シトルリンとアルギニンを同時に摂取することにより、陰茎への血流促進も期待できます。 精力増強剤やペニス増大サプリを選ぶ場合、この2つの成分がしっかり配合されているかどうかを確認しましょう。 商品の中にはこれらの成分がどのくらい入っているのかをきちんと記載していないものなどもあります。 適当に商品を購入してしまうと効果が得られないこともありますし、副作用のリスクもあるので注意しましょう。 シトルリンは2007年に医薬品指定から外れたため、この成分が配合されているサプリメントはあまり多くありません。 また、配合されている商品は価格が高くなる傾向にあります。

遅漏を改善する【まとめ】

遅漏を改善する方法としてオナ禁があります。 これはオナニーを禁止するということであり、睾丸に精液がたっぷり溜まるようになります。 精液が溜まると射精したくなりますし、遅漏の人でも普段より早く射精できるようになるのです。 完全にやめることは難しいという場合、オナニーの頻度を減らすことから始めましょう。 また、オナニーをする時には正しい方法を実践することも大切です。 間違ったオナニーをしたらオナ禁した意味がなくなってしまうので注意しましょう。 まず正しいオナニーとは女性の膣と同じ刺激を意識し、現実的なイメージで行うということです。 刺激が強すぎるオナニーを続けている場合、その刺激に慣れてしまい、セックスの時には射精できない体になってしまうのです。 オナニーだけでなく、疲労やストレス、加齢による精力の減退も遅漏の原因になってしまうことがあります。 精子がたくさん溜まっており、性的に興奮している時はセックスの快感も増します。 精力には精子と性欲が必要であり、これらが減退すると快感を得にくくなってしまうのです。 精子も溜まっておらず、性欲も足りない状態で射精が難しいのは当然と言えるでしょう。 精子を増やすためには原料となる亜鉛が必要です。 さらに精液の原料となるシトルリンも重要であり、この2つをしっかり摂取するようにしましょう。 亜鉛とシトルリンは食事から摂取することもできますが、食事だけで十分な量を摂取するのは難しいとされています。 そこで遅漏を改善するためにペニス増大サプリを使うと良いでしょう。 ペニス増大サプリには射精をサポートするための成分が配合されています。 亜鉛には精子をたくさん作る効果がありますし、性欲をアップさせる効果もあります。 シトルリンには血流を促進して、ペニスに集まる血液量を増やす効果が期待できるでしょう。 なぜ勃起力の向上が遅漏の改善になるのか気になっている人もいるかもしれません。 ペニスはしっかり勃起している時の方が刺激に敏感になります。 そのためペニス増大サプリで勃起力を高めることにより、遅漏の改善に繋がるでしょう。 アルコールには神経を麻痺させる作用があるため、遅漏の人はできるだけ控えるのがおすすめです。 神経が麻痺するとペニスが刺激に鈍感になってしまいますし、射精しにくくなってしまうのです。 もちろんお酒好きな人は禁酒が難しいかもしれません。 付き合いなどで飲むという人も多いでしょう。 筋腫が難しい時には飲む量を減らすのがおすすめです。