勃起しない(勃起不全・ED)って?

勃起しない(勃起不全・ED)って?

勃起不全とは、性欲はあるけれども反応しない事や、全くムラムラしないといった症状の事を指します。
人によって感じる症状も様々であり、加齢が原因でなる事も考えられます。

原因も人それぞれであり、身体は全く何処も影響が無いのにも関わらず、職場でのストレスや不安、セックスに対するトラウマなどが原因で引き起こされる心因性のEDの場合には、精神科での本格的な心理療法が必要になる事があります。

 

怪我や病気などの肉体的な原因が理由となる器質性EDの場合には、年齢を重ねる事で起こる男性ホルモンの現象や糖尿病・生活習慣病などが原因で立たなくなる事があります。
これらの場合には生活習慣を見直したり、精力サプリを活用した対策などが効果的です。
また、病気治療のために使われる薬が原因でEDになる事もありますので、抗うつ剤や睡眠薬、男性ホルモンを抑える薬などを常用している場合には、立たなくなってしまう事もあるでしょう。

 

もしかしたら勃起不全かもしれないと感じた場合には、まずは心因性なのか器質性なのかを見極める必要があります。
心因性であれば病院へ行かなくても改善可能だと言えますが、器質性の場合には原因を詳しく調べるためにも病院への受診がおすすめです。

なぜ勃起しないのか?

ED(勃起不全)には様々な種類がありますので、まずは病院へ行って詳しい検査をする必要があります。
器質性勃起障害は、身体機能に何らかの異常や障害があって勃起する事が出来ない状態です。
様々な種類がありますが、手術や外傷が原因となって神経に障害を受けたり、何らかの病気が原因で血管や血流に障害が起こることでEDになる事も考えられます。

器質性勃起障害の場合は、治療薬を使ってもなかなか改善出来ない可能性があります。
しかし、原因によっては治療薬を使って改善する事もありますので、まずは諦めないで病院に行って診察を受ける事が大切です。

 

混合性勃起障害は、心因性EDと器質性EDが混在している状態の事を指します。
様々な要因が重なって起こっているため、原因を特定するのが難しいと言えます。
糖尿病や高血圧症などの慢性疾患に掛かっていることにより、それが原因で精神的な不安を抱えている場合は心因性の要因も考えられます。
当然ですが、同じ疾患にかかっていてもEDにならない人もいます。

ED(勃起不全)はそれ以外にも、薬の副作用が原因で起こる可能性もあります。
薬剤を摂取したり、投与する事でも勃起不全になる可能性があります。
また、加齢や暴飲暴食、喫煙や寝不足が続くような生活をしているなど、生活習慣が乱れる事でもEDになる可能性がありますので注意が必要です。

特に加齢に関して言えば、年齢が上がるほどEDになる確率が高くなると言われています。
日本人の70代男性の約70%がEDだと言われていますが、健康的な生活を送るように心掛けていればEDにならない人もいます。

このように、EDには様々な原因があり、個人によって色んな原因が考えられますので、まずは病院に行って詳しい検査を受けるようにしましょう。
病院に行く前にセルフチェックをする事も出来ますので、インターネットで調べてみるのも良いでしょう。
EDはそのままにしておくと症状が悪化する可能性もありますので気をつけて下さい。

勃起しないペニスを改善する方法

EDの場合、病院に行って本格的な治療が始まりますとED治療薬(勃起薬)を使うことになります。
この治療薬にも様々な種類があります。
世界初の口径ED治療薬で一時的にブームとなったバイアグラは、服用をした30分後から効果が効きはじめて、服用の1時間後には効果のピークを迎えます。
個人差はありますが十分な効果は3時間から6時間程度ある薬です。

 

レビトラは内服のED治療薬としてバイアグラの次に製品化されたものです。
国内でも大きな問題は起こっておらず、安全性の高い薬だと言えます。
レビトラの最大の特徴は即効性であり、服用後15分程度で硬くなると言われています。
また、EDの改善率も高いと言われており、日本国内で認可されているED治療薬の中ではダントツです。
そのため、重度のED症状がある場合に使われる最後の砦の薬とも言われています。
レビトラの後発薬も改善がされており、バイアグラよりも副作用が軽減されているので非常に安心だと言えるでしょう。

 

シアリスは副作用が少なく、一度の副作用で長い効果が期待出来る薬だと言われています。
実は世界で一番売れているED治療薬です。
ブロック構造となっているため、他のED治療薬と比べますとゆっくりと吸収・代謝されていきます。
個人差はありますが、一般的には24時間から36時間の効果が期待出来るため、1度の服用で週末をカバーする事が出来る点から、ウイークエンドピルと呼ばれています。

 

EDの治療をする際に、病院に行くのが恥ずかしいという理由で精力剤を使う人がいますが、ED治療薬とは大きな違いがあります。
ED治療薬は基本的に、勃起が正常に行えない人のサポートをする薬になります。
精力剤はその名の通り、精力を上昇させるための健康補助食と同じカテゴリにあるサプリメントのような位置付けです。
漢方薬のようなタイプを使用すれば、様々な天然成分を配合して出来ているため良い効果が期待出来るでしょう。
しかし、根本的な治療を考えている人はED治療薬がベストになりますので、必ず一度病院に行きましょう。

精力剤を使うことでペニスはもちろん身体的にも改善

将来的にパートナーが妊娠を希望している場合、勃起不全であると非常に大変な事になります。
勃起機能を改善するためにも、精力剤を効率よく活用するようにしましょう。
セックスが強い男性はやはり、夜の生活を充実させる事が出来るため、パートナーをより満足させる事が出来て何時までも仲良くいることが出来ます。
勃起不全ですと、相手に誘われるのもストレスを感じるようになりますので、お互いギクシャクする可能性も出てきます。

 

精力剤には様々なタイプがありますが、成分によって効果も異なりますので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。
単純にセックスの回数を増やしたいのか、精力の質や量を栄養素を補う事で改善したいのかなど悩みは様々です。
精力剤は薬ではありませんので、一般的には通常のサプリメントと同様に服用しても構いません。
ED治療薬であれば、細かく服用のタイミングを指定されますが、気にする必要が無い為、いつでも好きなタイミングで服用する事が出来るというのがメリットです。
但し、1日の服用量は絶対に守るように心掛けて下さい。

 

また、パートナーが勃起不全になってしまった場合には、女性も相手の事をきちんと考えてあげましょう。
何気ない一言が相手を傷付けてしまい、心因性EDになる可能性がありますので注意が必要です。
EDは男性であれば基本的に誰でも起こり得る病気です。
時期が早いか遅いか、そして程度が軽いのか重いのかというのは個人によって異なります。
精力剤を使えば改善する事が出来ますので、インターネットで2人で仲良く購入をするのも良いでしょう。

あまりにも酷い言葉で突き放してしまいますと、それが原因でEDが悪化する恐れも出てきます。

精力剤を使ってもなかなか効果を実感出来ない場合には、一度病院に行って診察を受けるようにしましょう。
近年では、EDは男女の問題であると考える人も多く、2人で治療に取り組むというのも多く挙げられますので、不安を感じさせない事が大切です。