簡単にできる陰茎増大の方法!これでちんこを大きく出来る!

簡単にできる陰茎増大の方法!これでちんこを大きく出来る!

陰茎増大

陰茎の大きさでお困りではないでしょうか?

性器の大きさにコンプレックスを抱いている男性は、決して少なくはありません。

純粋にペニスが小さいという人、長さがや太さが十分でないという人、それによってパートナーの女性を満足させられないというケースも中にはあるので注意が必要です。

もちろん、単純にペニスの大きさが大きければいいというわけではありませんが、
自分に自信を持つためにも、そして女性の快感を引き出していくためにも、
陰茎の大きさは大きいに越した事はありません。

 

では、具体的にチンコを大きくしていくためにはどうすればいいのでしょうか?

陰茎増大をするには、チントレ・・・つまりチンコをトレーニングするだけでどんどん大きくなります。

 

まず素人でも簡単に挑戦できるものであれば、チャレンジしたいですよね。

実はチントレという、ちんこをトレーニングするペニス増大方法を定期的に行えば、十分に効果がでます。

チントレは陰茎増大効果があるだけでなく、継続して続けることで勃起力を養っていくこともできます。

結果的にセックスの満足度を高めることもできるので、性器や自分のセックスに対していコンプレックスを抱いている人にはうってつけの方法です。

しかもチントレは道具なども必要なく、知ったその日から実践していくことができます。(本当はクリームやサプリが無いと本当の効果が出ないのですが)

手軽さを重視する人、予算が限られていてクリニックなどの治療は受けられないという人にもおすすめです。

まずはその具体的な方法を知っていくことからはじめていきましょう。

簡単にできる陰茎増大の方法!3選・・・ひとつめ 引っ張る

チンコのサイズアップのためにできる方法にはいくつか挙げられますが、中でも単純で挑戦しやすいのがペニスを直接引っ張るという方法です。
単純な方法で、これで本当に効果があるのか?と疑問に思われる人もいるでしょうが、実は以外に効果が期待できる方法でもあります。

というのも、物理的にペニスを伸ばすことで着実にペニスの皮膚、血管が引き伸ばされていきます。
その分勃起時にペニス内の血管が拡張しやすくなっていき、血流も増幅していくことになるので、有効なチントレとして挙げられるわけです。

そもそも、勃起の際にはチンコの中に存在するスポンジのような器官に血流が多く流れ込み、そこの血管が拡張することでその硬さや大きさが維持されていくことになります。
つまり、それだけ多くの血流に耐えられるだけの血管、皮膚組織が必要になってくるというわけです。

チンコを単純に引っ張るという方法であれば、着実にその効果を実感していくことができます。
もちろん、このトレーニングを1回したからといってすぐにサイズが変わるというものではありませんが、継続して続けることで着実にその効果は高まっていくことになります。

このトレーニングであればなんの道具も必要ありませんし、入浴時など血行が良くなっているタイミングで行えばより有効です。

まずは自分の性器の状態を確認しながらできる範囲で先端部分を引っ張っていきましょう。
この時、極端に力を入れすぎてしまうとけがの恐れが出てくるため、あくまでゆっくり、優しく力を入れていくのがポイントです。

変に皮膚や血管を傷つけてしまうとそれがきっかけとなり、セックスにも支障をきたすリスクも出てきます。

十分に安全に配慮した上でトレーニングを行っていくこと、これは他のトレーニングでも同じことですが素人であれば特に注意しておくに越したことはありません。
お金をかけずに、クリニックなど本格的な治療を受けずに性器のコンプレックスを解消していきたいという人は参考にしていきましょう。

簡単にできる陰茎増大の方法!3選・・・ふたつめ 圧迫トレーニング(ミルキング)

簡単にできる陰茎増大の方法には圧迫トレーニングも挙げられます。
この圧迫トレーニングはミルキングとも呼ばれていて、亀頭部分の血管を鍛えることでその大きさを増大させていくことができます。
このトレーニングも先に挙げた方法と同じで、血行が良くなる入浴時などに行うとより効果的です。

まず、ペニスを半立ち状態にして根元を指で挟みこんでいきます。
この時親指と人差し指を使って輪っか状にするのがコツです。

その後、中指から薬指、小指と順番に指を閉じていき亀頭部分に血液が集中するように力を入れていきます。
乳しぼりのような感覚で手を動かしていくとスムーズに作業が進みます。

この時、力を入れすぎてしまうと亀頭部分が水膨れのようになってしまうので、あくまで優しく、力を入れすぎないようにしていきましょう。
この動作を5分間繰り返すことで亀頭部分の血管の拡張、血流を促していくことができます。

先端部分に血流が多くなると純粋にその大きさが大きくなっていきます。
同時にペニス全体の硬さをキープして勃起力を高めていくこともできるので、ペニスの大きさにコンプレックスを持っている人はもちろんですが、勃起力がもともと低いという人にも圧迫トレーニング(ミルキング)はおすすめです。

このトレーニングの前には軽くストレッチを済ませておくのがポイントになってきます。
一人でトレーニングを行う場合には軽くオナニーをして勃起した状態をキープします。
その状態で先に挙げたようにペニス自体を引っ張る動作を繰り返していきます。
ストレッチと並行してここで挙げた圧迫トレーニングを繰り返せば、自然とその太さが増していくことになります。

この圧迫トレーニング(ミルキング)も1回行ったからといって見た目に劇的な変化が得られるというものではありません。
とは言え、継続して続けることで着実にペニス内部の器官は鍛えられていきますし、着実に太さは増していきます。
この方法も費用は掛からないので、手軽な方法で対処していきたいという人には向いているでしょう。

簡単にできる陰茎増大の方法!3選・・・3つめPC筋

ペニスを大きくするために、チントレでPC筋を鍛えることも大切になっていきます。
PC筋とはペニスが勃起する際に立ち上がりをサポートする筋肉のことで睾丸と肛門との間に位置しています。
この部位の筋肉をピンポイントで鍛える方法はあまり知られていませんが、具体的なチントレの方法さえ知っていれば何ら難しいことではありません。
PC筋は排尿を意識して止めるときに使う筋肉でもあるので、どの筋肉なのか把握しずらい人は一度この方法でその筋肉の位置を確認しておくといいでしょう。

この筋肉を鍛えるためにはまず、体の力を抜いた状態でお尻の穴をしめるように力を入れていきます。
この力を入れた状態で5秒間キープ、その後力を緩めていきます。
この動作を10回程度繰り返すだけで十分にPC筋は鍛えられます。
このトレーニングは朝昼晩と寝る前の4回行うとより効果的です。

立っている状態でも座っている状態でも、それこそ自宅にいても外出していてもいつでも試すことができるトレーニングです。
非常に手軽な方法なので、1日に何度でも挑戦していきたいという人もいるでしょうが、このトレーニングはやりすぎると逆効果となることもあるので注意が必要です。
最高でも1日4回までに抑えること、この点はしっかり押さえておきましょう。

このチントレは精力剤と併用することでさらに効果を高めることができます。
もちろん単体でも効果はあるのですが、精力剤によってペニスの機能自体を向上させていけば相乗効果が見込めるというわけです。

ここまで上げた方法はあくまで道具の必要のない、より手軽なものばかりですが、その分効果が実感できるまでにある程度の期間が必要になってきます。
それこそ数週間、数か月単位でトレーニングを行う必要があるので注意が必要です。
とは言え、即効性のある外科的手術を用いる場合にはその分費用負担が多くなっていきます。
予算が限られている人であればそれこそ不向きな方法ですし、専用のクリニックに通うとなれば抵抗を感じる人も中にはいるでしょう。
こうした人達は最初からお金のかからないここで紹介した方法を参考にしていくのがおすすめです。