射精の勢いが無い|精液を増やし射精感を増す方法

射精に勢いが無い原因

若いころと比べて年齢を重ねることで射精に勢いがなくなることはよくあります。 これは至って自然な現象ですが、男性ホルモンの減少・筋力の低下などが大きく関係しています。 20代と40代を比べると歴然な差があり、勃起力の減退に比例して快感も弱くなっていきます。 性的興奮は十分にあるので、射精の勢いが弱いという方は少なくありません。 精子の量が明らかに減ったと感じる方もおり、これには生活習慣も大きく関係しています。 生活に乱れが発生してしまうと、精液を製造する機能も低下してしまうわけです。 ほかにも疲労・ストレスが影響しているので、これらを解消させることも大切です。 適度な疲労感は誰しも有していますが、蓄積すると慢性疲労となって解消が難しくなります。 やがて大きなストレスを生むことになって、自律神経のバランスも崩してしまうでしょう。 副交感神経を優位にしてリラックスすることで、射精感を高めることができます。 心身のバランスに問題があると射精に勢いがなくなるので、睡眠はしっかりと取るようにしてください。 睡眠は身体のリズムを正常にする役割があるので、1日8時間は眠るようにしましょう。 心と身体が元気になれば男性機能も復活し、男性ホルモンの分泌促進にもつながります。

精子を増やす方法

精子の量が減ってしまうと、ドクドクと脈打つような射精感を得ることができなくなります。 若いころと比べて中高年になると射精感は衰えていきますが、その原因のひとつとして食生活があります。 全体的に食事の量が減ってくるため、精液を作るための原料が少なくなるわけです。 特にタンパク質の摂取が少なくなると精液の分泌量が減少するので注意してください。 精子の量と射精感・快感は比例関係にあるので、少しでも量を増やす工夫が必要です。 精液とは精子だけで構成されるわけではなく、前立腺液や精嚢液なども含まれています。 射精感を高めるコツは精嚢液を増やすことであり、そのためには性的興奮度を高める必要があります。 あまり興奮していない状態で義務的に性行為をしても、快感は弱くなるはずです。 快感が強いときは性的興奮が高い状態なので、自分なりに工夫していく必要があります。 自慰をするときも想像よりもアダルトビデオを見ながら行ったほうが射精量・快感は増えるでしょう。 自分なりに性的興奮を高めるコツを見つけて、実践していくことが大切なのです。 もちろん規則正しい生活をして身体のリズムを整えることは重要です。 その上で性的興奮を覚える自分なりのツボを見つけていく必要があるので、思い切ってマニアックなプレイにも挑戦してみましょう。 ただし毎回のように行なっていると脳が刺激に慣れてしまうので、次第に興奮は減退していきます。 こうしたプレイはとっておきとして用意しておき、週に1回などと少ない頻度で実践するのがよいです。 アダルト動画を見ながらする自慰も、毎回行なっていると飽きてくるでしょう。 飽きないために大切なのは、自慰は基本的に想像で行うことです。 ビデオを見たりアダルトグッズを使用したりせずに、あくまで脳内イメージで性的興奮を上げていくわけです。 日によっても性的興奮を覚えるツボは変わってくるので、自分なりのパターンを知っておくことも大切でしょう。 フェチ願望を有している方はフェチに興奮しますが、毎回実践していると逆効果になります。 基本は想像による自慰をメインとし、たまにマニアックなプレイをしたり風俗に行ったりするとよいです。 普段は射精量が少ないけど、風俗に行くと大量に出せるという方は多いでしょう。 最近は前立腺刺激をしてくれる店も増えており、前立腺を刺激することで男性機能を高めてくれます。 前立腺液と精嚢液の分泌量を増やすためにも、自分の性癖を把握しつつマンネリ化させないことが大切です。

オナ禁をして精子を貯める

年齢を重ねることでオナニーをすることに飽きてくる男性は少なくありません。 必然的に回数が減ってきて、20代のころは毎日行なっていた方でも、週に1~2回になることは多いです。 もし中年世代で毎日行なっている方がいるなら、オナ禁をして精子を溜めてみましょう。 まだあまり溜まっていない状態で無理に射精させようとしても、精液は少ししか出ないので快感が弱くなります。 思うような快感を得られないと、さらにオナニーやセックスから遠ざかってしまう方は多いでしょう。 男性機能は使わないと能力が低下するので、さらなる悪循環となりかねません。 精巣が満タンになるまでには72時間かかると言われているので、射精したあとは次のオナニーやセックスまでに3日間はあけるのが好ましいです。 それによって精液が充電されて、射精の快感を上げることができます。 十分な快感を得ることができれば、性的欲求も自然と上がるというものです。 頻繁に射精していると性的興奮が減退するので、1回あたりの快感が弱くなります。 最低でも2日は置くことで、確実に快感は上がるはずです。 オナ禁の期間は3日が理想であり、それ以上だとほとんど意味がありません。 3日でフル充電されるので4日目以降も変わりありませんし、むしろ期間をあけすぎることで精力は減退するので注意です。 男性ホルモンの分泌が減少すると性的興奮が起こりにくくなります。 そうなれば必然的にオナニーの回数は減っていくでしょうし、セックスをしたいともあまり思わなくなります。 以前よりも性欲が明らかに減少したと感じる方は、男性ホルモンの分泌減少を疑ってみましょう。 精力剤を飲んでみるのもよいですし、運動や筋トレをして筋力を上げるのも効果的です。 ED治療薬は勃起力を高めてくれますが、男性ホルモンを増やすことはできません。 亜鉛やアルギニンなどのサプリを活用し、射精感を上げていきましょう。 男性ホルモンは男性らしさを形成するホルモンなので、分泌が極端に減少すると性欲が低下しますし、体毛も薄くなってきます。 身体が女性化してしまうので、性欲が減退してきたと感じたら注意が必要です。 セックスは男女の同意があって行われるものですが、男性が勃起しないと行えないという性質から必然的に男性主導の行為になります。 勃起力を十分に発揮させることが満足いくセックスにつながるので、男性ホルモンの分泌促進、精液を増やすなどの対策が必要です。 オナニーの回数が多くて悩んでいる方は、運動やスポーツで性欲を発散させて回数を減らすのもよいでしょう。

禁煙をしてよい精子を貯める

精子の質をよくするためには規則正しい生活が必須で、そのためには禁煙することも大切です。 タバコは百害あって一利なしと言われるように、生殖機能にも多大なデメリットを与えます。 動脈硬化を促進して陰茎海綿体への血流を悪化させて、勃起力を弱めるデメリットもあります。 EDは進行するほど改善に時間を要するので、いかに抑えるかが重要です。 動脈硬化は少しずつ進行しますが、生活改善をすることで遅らせることができます。 血管壁が固くなってくると、弾力性が失われて破れやすくなるデメリットもあります。 生活習慣病を予防することはペニスを元気にするために欠かせないことです。 勃起力が減退して射精感が弱くなってしまったら、早めの禁煙をおすすめします。 最近は禁煙外来も登場しており、以前より楽に実践できるようになりました。 ニコチンやタールが含まれていない電子タバコも登場しており、動脈硬化に影響しないのがメリットです。 ニコチンは毛細血管を収縮させることで、陰茎海綿体への血流量を減少させてしまいます。 血流がスムーズだと新陳代謝が活発になりますし、身体の冷えを予防できるのでさまざまなメリットがあります。 下半身の減退にも冷えが関係しているので、冷えに悩んでいる男性は温活をしてください。 喫煙をすると心身が安定するという方もいますが、一時的な作用でしかありません。 タバコには肺の機能を低下させるデメリットもあり、新鮮な酸素を吸入する機能も低下してしまいます。 それによって細胞の元気が失われますし、精子の質も低下してくるわけです。 快適なセックスを楽しむためには、ペニスの勃起力を高めて射精感を強くすることが大切となります。 ドクドクとした脈打つ感覚を得ることで、性生活に対して積極的なれるはずです。 セックスの頻度が減ってきた方は、射精時に十分な快感を得られていない、または性欲が減退しているなどが原因だと考えられます。 老化に伴って生殖機能も低下していきますが、急激に減退するようなら原因があります。 動脈硬化は中年世代から急激に進行するので、30代~40代の男性は特に注意してください。 血液をサラサラ維持するためには血流をよくするケアが必要です。 生殖機能と血流は比例するため、血液がドロドロになると勃起力は減退します。 ペニスの減退の特徴として硬さ・サイズの減退があり、半立ちになってきたらEDが進行している証拠です。 フル勃起状態を維持することが快適な性生活につながるわけです。

精力サプリをとって精子を貯める

精子を元気にするためには精力サプリを活用するのもおすすめです。 バランスのよい食生活を維持することは簡単ではなく、多くの方はバランスに問題があります。 昔から嫌いな食べ物もなるべく摂るのが好ましいと言われており、栄養バランスを最適化するのが目的です。 1日の摂取品目は多ければ多いほどバランスが健全になるので、1日30品目を目標に工夫してください。 栄養バランスの維持が難しい方は、サプリを活用して補うのがよいです。 精液は栄養素によって作られており、特にアミノ酸の補給が大切となります。 アミノ酸が欠乏すると精液量が減少するので注意が必要です。 シトルリンは勃起力アップに重宝するアミノ酸で、以前は医薬品の成分でした。 現在は健康食品に活用できるようになり、血管を拡張するメリットがあります。 シトルリンはアルギニンとの相性がよいため、精力サプリにはこの2つが配合されたものが多いです。 血流をサラサラにすることでペニスが元気になりますし、硬さをアップさせることもできます。 血流が悪くなると勃起力が減退するので、精液量アップも期待できません。 半立ちの状態でオナニーをしても、フル勃起時と比較して量は少ないでしょう。 精液量アップ・勃起力アップに役立つミネラルは亜鉛で、精力増強に最も大切な栄養素と言えます。 1日に15mgを摂取するのが好ましいですが、欠乏している方が非常に多いです。 亜鉛不足が続くとEDを招いてしまうので、EDかもしれないと感じたら亜鉛サプリを飲んでみましょう。 最初からED治療薬を服用する必要はなく、最初は日常的に行える方法から試してみてください。 亜鉛はセックスミネラルと呼ばれているほど、男性機能を維持するために欠かせないのです。 食品では牡蠣に多く含まれていますが、毎日摂取するのは大変です。 何より吸収性の低い栄養素なので、サプリで補給するのが好ましいわけです。 快適なセックスを楽しむためには、ペニスが硬い状態を持続させることが大切になります。 半立ちの状態だと快感が弱いですし、中折れすると射精なしで終わってしまう可能性が高いです。 硬いペニスは射精感を強くしてくれるので、性生活の充実に欠かせない条件です。 精液量アップのためにシトルリンと亜鉛を摂取し、その上で筋トレや運動をして代謝を高めていきましょう。 マカやクラチャイダム、赤ガウクルアなどのハーブも精力増強におすすめで、勃起力アップによりEDを予防してくれるはずです。