亀頭を大きくする方法|ペニスのカリ首増大方法

亀頭を大きくする方法|ペニスのカリ首増大方法

亀頭増大

ペニスの先部分、亀頭が小さいと一体どのような問題が起こりうるのでしょうか?一番に挙げられる問題点は、亀頭が小さいことによって女性の快感を損ねてしまう可能性があるという事です。

見た目からして亀頭が小さいとペニス全体が小さいように思われてしまいますし、ペニスの挿入時に先が細いと女性の快感をうまく引き出せないまま行為が終わってしまう恐れもあります。

もちろん、先が細いとすべてのケースで女性が満足できないというわけではありませんが、対策は打っていくに越した事はありません。

では、具体的に性器の先端部分を増大させていくためにはどうすればいいのでしょうか?素人ができる対策方法は限られてきますが、まずはその内容をチェックしていくことからはじめていきましょう。

本格的な方法となれば、外科手術を受けるなど対策ができますが、そこまですれば当然のことながら費用負担や精神的、肉体的な負担も大きくなっていきます。

まずは手軽な素人でもできる対策方法から始めていくのがおすすめとなってくるわけです。
人によってはこうした簡単な対策方法でも十分に効果を発揮することがありますし、セックスに関する悩みもいち早く解決していくことが可能です。

亀頭を大きくする方法|3通りある

亀頭を大きくする方法は、大きく分けて3通りあります。

ペニス増大サプリを使って亀頭増大をする

まず一つ目が専用のサプリメントを使って性器自体の大きさを大きくしていく方法です。
カリ部分だけでなく性器全体を大きくすることができれば、当然見た目の変化も実感しやすくなっていきます。

また、女性の快感も引き出しやすくなるので、対処方法としてはうってつけです。

サプリメントは1回服用したからといって劇的な変化をその場で得られるというわけではありませんが、継続的に服用を続ければ着実に問題点を解決していくことができます。

クリニックで亀頭増大

二つ目の方法はクリニックで専門的な治療を受ける方法です。
クリニックであれば、医療技術、知識を兼ね備えた専門の医師が治療を担当していきます。
素人が行う対策よりも確実に亀頭部分のケアを徹底していくことができるので、安心面はより高くなっていくでしょう。

もちろん、クリニックに通ったからといって絶対に症状が改善されていくというわけではありませんが、クリニックでしか処方されないような本格的な薬が服用できる、必要に応じて処置がなされるというのであればこれに越したことはありません。
自由診療となればその分費用負担が大きくなっていきますが、それだけの金額でこれまでコンプレックスに感じていた亀頭部分の小ささを克服できるというのであれば悪い話ではありません。

チントレで亀頭増大

3つ目の方法はチントレを行いペニスの大きさを増大させていくという方法です。

ペニスが勃起する際に用いられる筋肉を日ごろからトレーニングで鍛えていくと、自然とその効果が実感できるようになります。

本来、勃起はペニス内部の血管が膨張してそこに通常よりも多くの血液が流れこむことによって誘発されていきます。
神経ホルモンが作用することで血管や血液量に変化が訪れるわけですが、チントレではこの血管の状態、血液量を多少コントロールすることも可能になっていきます。

完全なコントロールは難しい面もでてきますが、ベニスの状況に合わせて亀頭部分に血液を集中させるようにすれば、自然とその大きさをキープしていくことができます。

亀頭部分の小ささにコンプレックスを抱いているという人であれば、ここで挙げた3つの方法を参考にその対策を打っていきましょう。

どの方法を選択するのかは人それぞれでことなってくるものの、より自分の好みや予算にあったものを選ぶことで、賢く亀頭が小さいというコンプレックスを解消していくことが可能になっていきます。

亀頭を大きくする方法|サプリメント

亀頭を大きくする方法の中でも最も手軽で確実性が高いのがサプリメントを活用する方法です。

この手のサプリメントにはいろいろな種類が売り出されていますが、中でも亀頭を大きくするのに最適とされているのが、ペニス増大サプリです。

こうしたサプリの中には男性ホルモンの一種であるシトルリンとアルギニンという成分が豊富に含まれています。

こうした成分は体の中に入ることで血管の拡張を促し、そして血流を促進する効果があります。

そもそも、ペニスが勃起する仕組みを把握していくことがここでは大切になっていきます。

ペニスの中にはスポンジ状になった器官が存在していて、この器官の中にある血管が拡張し、血流が促進されることでペニスの硬さや大きさをキープすることができます。

男性が性的興奮を覚えると神経系から先に挙げた男性ホルモンが分泌されて、ペニス内の器官、血管がこうした動きを促していくというわけです。

本来であれば、問題なく勃起が行われていくわけですが、亀頭部分の大きさが極端に小さい人であればこの勃起力がそもそも低い可能性があります。

体質的な問題で亀頭が小さいというケースも考えられますが、勃起力に問題があることでトラブルが引き起こされているというのであれば、サプリメントを活用する方法がベストになってくるというわけです。

 

商品によって得られる効果に違いが出てくることになりますが、高品質のものであれば、ペニスだけでなく体全体の血行が良くなり、より代謝に優れた健康的な体をキープすることができます。

よく、ペニス増大サプリを服用して体が温まってくるのはこうした理由があるからです。

そして、こうしたペニス増大サプリメントは1回だけ服用して十分な効果が得られるというものではありません。

確かに、何も服用しない状態よりも1回でもサプリメントを服用した方が変化は出やすいですが、少なくとも数週間程度はサプリメントの服用を続けることが大切です。

長く続ければ続けるほど、体の中でサプリメントの成分がうまく働くようになりますし、効果をさらに高めていくことも可能になっていきます。

サプリメントを使って亀頭部分を大きくしていきたいという場合には、少なくとも数週間程度サプリメントの服用を続けるようにしていきましょう。

たったこれだけのことでもサプリメントが自分の体に合っているのかどうか、効果がどれだけあるのかを判断していくことができるようになります。

亀頭を大きくする方法|クリニック

陰茎増大

クリニックで亀頭を大きくする方法であれば、より確実に見た目の状態を改善していくことができます。
元々の勃起力が低いことでペニス全体が小さく見えてしまうという人であれば、先に挙げたようにサプリメントでの対策がおすすめです。
ただ、体質的な問題で元々のペニスが小さい、亀頭が小さくなっているというケースであれば別の方法で対処していくしか方法がありません。

そこでおすすめになってくるのが亀頭部分にヒアルロン酸注射を行う亀頭増大術という治療です。
この治療では、人間の肌内部に元々存在するとされるヒアルロン酸という成分を亀頭部分に注入してい行きます。
カリを大きく見せたい時にはある程度好みのデザインにその形を近づけることができるので、まさに理想通りの結果が得られる方法というわけです。

ペニスに注射器を用いると聞くと不安を感じる人もいるかもしれませんが、この時はしっかり麻酔が施されますし、傷跡が患部に残る心配もありません。
痛みはほとんどなく、より確実に亀頭の形を変えることができるので、即効性のある方法を試していきたいという人にもおすすめです。

ただ、このヒアルロン酸成分を用いた治療の場合、注意していかなければいけない点も存在しています。
というのも、この治療で用いられる製剤は元々人間の肌内部に存在している成分でできています。
時間の経過とともに肌の内部に成分が浸透していくことになるので、いつまでも治療した直後の亀頭の大きさをキープすることはできないという事です。
人によっては半年から数か月ごとに治療を繰り返さないとその大きさや形をキープできないこともあるので、この点はしっかりおさえておくようにしましょう。

また、クリニックを利用する方法であれば、その費用負担にも注意が必要です。
クリニックで行われる亀頭増大術にはほとんどのケースで保険が適用されません。
亀頭が極端に小さく、保険が適用されるケースももちろんありますが、それでもこの治療には10万円弱の費用負担が必要になっていきます。
完全自由診療であれば、それこそ数十万円単位で費用が必要になってくるため、予算に限りがあるという人には不向きな方法となってきます。

クリニックで本格的な治療を受ける際には、その費用負担についてもしっかりチェックしていくようにしましょう。
利用するクリニックによって明確な料金が変わってくることがあるので、予算に限りがある人であればできるだけ価格の低いクリニックを優先的にチェックしていくのもおすすめです。

亀頭を大きくする方法|チントレ

チントレ

亀頭を大きくするために、素人でも簡単にできる方法として知られているのがチントレです。
チントレは患部の血行が良くなる入浴時に行うのが一番効果的です。
そもそも、ペニスの勃起はその器官の中の血管が拡張することで引き起こされています。
つまり、勃起力を促して、血管の拡張をより促していけば、自然と亀頭部分の大きさも大きくしていくことができるという事です。

チントレは大きく分けて亀頭増大チントレとミルキング、ジェルキングなどの方法があります。
まずミルキングを行い場合、体が十分に温まった状態でペニスを半勃起状態にしていきます。
ここでペニスの根元を人差し指と親指で軽く握り、そこから中指、薬指、小指の順で力をいれていきます。
亀頭部分に向かって血液を集中させるこの動作を5分ほど繰り返してトレーニングは終了です。
この時力を入れすぎると水膨れを起こす恐れがあるので、この点だけは注意していきましょう。

ジェルキングの場合、半勃起状態で根元を親指、人差し指でつかむまで動作は一緒です。
この時、ローションなどの潤滑油を用意しておけばさらにトレーニングがしやすくなるのでお勧めです。
この親指と人差し指を亀頭部分に向かってゆっくりと移動させていきます。
牛乳絞りの感覚で5分程度、作業を進めていくとうまく亀頭部分の血管を鍛えることができて効果的です。

亀頭増大チントレの場合でも、最初の手順はミルキングと同じです。

半勃起状態でペニスの根元を握り、PC筋に力を入れて亀頭部分に血液を集中させます。
この動作を10秒間行ってから根元部分の手を放します。
PC筋とは睾丸と肛門の間にある筋肉のことでペニスに血液を集中させるために用いられている筋肉としても知られています。
この動作を5分程度繰り返しておけば、亀頭部分の大きさをキープすることができるだけでなく、早漏防止や勃起力を高める効果も期待することができます。

こうしたトレーニングはペニス増大サプリを併用することでさらなる効果を期待することができます。
ある程度、サプリメントで勃起力を高めた状態、血管や血液量の状態を改善した段階でトレーニングをすれば得られる効果も高まるということです。
チントレの方法で亀頭が小さいというコンプレックスを解消していきたいという場合には、ここで挙げた内容を参考にしていくといいでしょう。
1回のトレーニングですぐに大きさに違いが出るというものではありませんが、継続して続ければ自然とその変化も実感しやすくなっていきます。