ED, ちんこを大きくする, ペニス増大サプリ, 勃起

ペニスを太くする方法|チンコの太さ増大方法

太く

男性のチンコサイズは一種のステータスです。
頻繁に誰かに見せるものではないですが、細くて小さいと性行為の際に女性を喜ばせることが難しくなります。

チンコが自然と成長するのは13~17歳までと言われており、毛が生えたり皮が剥け始めるのもこの時期です。
チンコの成長はここで止まるので、思うように成長できなかった人はそれ以上太くならずに成人を迎えることとなります。

それでは大人になるとチンコサイズを太くすることはできないのでしょうか?そんなことはありません。
大人になってからでも本人の努力次第で太く増大させることが可能です。

主な増大方法は、チントレと呼ばれるトレーニングと、ペニス増大サプリを飲んで体の内側から改善を促すことです。
どちらの方法も数日行っただけで効果が現れるものではありません。
筋トレなど他のトレーニング法と同じように、最低数ヶ月は継続しなければいけません。

一気に太くなるわけではなく、徐々にチンコサイズに変化が現れてくるので、途中で諦めない精神的な強さが求められます。
毎日自分のチンコを写真に収め、ファイリングしておくことで変化を確認しやすくなります。
ペニスを太くするには、こうした日々の些細な努力が欠かせないのです。

自分のペニスを太くする方法

男性でペニスに悩みを抱えている方は少なくないでしょう。
小さいと女性を喜ばせることができず、自分に自信が持てなくなります。
しかし逆に太くすることができれば、自信が回復するので女性に対しても積極的に行動することができるようになるでしょう。

その方法とは、ペニス増大サプリの服用とチントレです。
サプリは錠剤としてペニスに有効な栄養素を摂取できるので、非常にお手軽に太くすることが可能です。
チントレは筋肉トレーニングと同じようにペニスを鍛え上げる方法です。

成人になると共にペニスの成長は終わりを迎えますが、これらの方法であれば大人になってからでも再び成長を促すことができるというわけです。
特にチントレは特別な器具を使うわけでもなく、自分の手だけで行えるのでとても簡単です。

人間の体は不思議なもので、トレーニングをすればその分だけ増大効果が見込めます。
世の中にはお金を出せば手術等であっという間に大きくする方法もありますが、ノーリスクで安全に増大させるなら自分でトレーニングを行った方がメリットが多いです。

したいと思った時にすぐ実行に移せるので、毎日続けることにも支障はありません。
筋トレは継続性が重要と言われています。
途中でやめてしまうとせっかく身に付いた筋肉も落ちてしまうのです。
ペニスに関しても同じで、継続してトレーニングを行わなければ成長は止まってしまいます。

ペニス増大サプリの効果にも同じことが言えるでしょう。
即効性はないので、すぐに太くなることはありません。
徐々に栄養素が行き渡り、時間を掛けてゆっくりと増大していくのです。

これらの方法は一瞬で変化するわけではないので、周囲の人間にバレずにペニスを増大させることが可能です。
急激に変化すると、明らかに手術をしたのではないかと疑われてしまう危険がありますが、その心配がないので後ろめたさを感じることもありません。

もし自分のペニスに自信がなく、少しでも太くしたいと願っているのであれば、トレーニングと増大サプリを併用して成長を促してみませんか。
大人になってしまったからといって諦めるべきではありません。
努力次第で今からでも理想のペニスを手に入れることは十分に可能なのです。

早速今日からペニス増大サプリとチントレによる、自分のペニスを太くする方法を実践してみましょう。
増大させたいという強い意志と継続性さえ持っていれば、きっと目的を達成することができるはずです。

チンコトレーニング(チントレ)の方法

チントレを行う前に、まずはウォーミングアップから始めましょう。
筋トレと同様に十分なウォーミングを行うことで、怪我を予防することができます。
ペニスには細かい血管や筋肉がたくさんあるので、雑に扱っていると思わぬ怪我を招いてしまいます。

ウォーミングアップと言ってもやり方は簡単で、お風呂でペニスを温めるだけで問題ありません。
温度を上げて血流を良くすることで、チントレ効果の向上を促します。
タオルを温めて陰茎に巻き、蒸らすだけでも毛細血管を広げる効果が期待できるでしょう。

チントレにはいくつかの方法がありますが、最も定番なのがミルキングです。
牛のミルクを手で絞る形に酷似していることから名付けられました。

最初に半勃起の状態にします。
そして手でオーケーサインを作り、輪っかのところでペニスの根本を握ってください。
この時、逆手にするのがポイントとなります。
ここから亀頭に向けて絞っていきます。
根本からペニスを伸ばすと、亀頭に血流が集まってくるのがわかるはずです。

伸ばしきったら、その状態で15秒ほどキープします。
その後、一気に手を離しましょう。
この作業を左右の手で計15回ほど行います。
ただし力強く握りすぎると亀頭がうっ血するリスクがあるので注意してください。

続いては引っ張りトレーニングのやり方です。
ペニスを引っ張るだけで効果があるのかと疑問に思う方もいるかもしれません。
しかし実は陰茎の半分以上は体に埋もれているため、実際よりも小さく見えているのです。
これを引っ張ることによって表へ出し、ペニスのサイズを増大させようという考えです。

ミルキングと同じくオーケーサインを作り、逆手で握ります。
握る場所は根本ではなく、亀頭付近です。
30秒ほど引っ張り、痛みを感じたら離してリラックスさせます。
次に上へ向けて30秒ほど引っ張ってください。
そして再び力を抜きます。
これを上下左右行い、最終的には円を描くイメージであらゆる角度に引っ張って完了です。

最後にPC筋のトレーニング方法です。
PC筋は睾丸と肛門の間に位置する筋肉で、ここをトレーニングすることによりペニスが太くなったり、勃起力の改善が期待できます。

まず肛門の周りに力を入れ、5秒程度キープしてください。
そして一気に力を抜いてリラックスします。
これを何度か繰り返しますが、必ず睾丸と肛門の間の収縮を意識して行ってください。

これらのチントレは海綿体を鍛える方法なので、即効性はありません。
なるべく間を空けずに、毎日行うことが大切です。

ペニス増大サプリを飲んでペニスを太くする

ペニスを太くするならペニス増大サプリが最適です。
サプリなら大人になってからでも十分ペニスを増大させることができます。
ただ手を付ける前に、まずはペニス増大サプリについて知識を得る必要があります。

サプリにはある程度の品質基準があり、それを下回るものは飲んだとしても効果を実感するのが難しいです。
また、体質に合わなければほとんど意味がないことも覚えておきましょう。

ペニス増大サプリで最も重要視される成分が、シトルリンとアルギニンです。
最低限、この二つの有効成分が含まれたサプリを選択しましょう。
これらが含まれていない商品は粗悪品と見なされます。

シトルリンは体内に吸収されると一酸化窒素に変化し、血管を拡張することで血の流れを促進させます。
体中の血流が促進されることで陰茎の血液量も増加し、結果として増大効果を見込めるというわけです。

アミノ酸の一種であるアルギニンにも血流改善効果や疲労回復作用があり、体内へ吸収されるとシトルリンに変わる性質を持っています。
一方でシトルリンもアルギニンへ変化する性質があり、これらを同時に摂取することで血管拡張作用が高まり、より大きな効果が期待できます。

サプリによっては他にも有効成分が含まれているものがあります。
中でも亜鉛が配合されているものは優先的に選ぶべきです。
亜鉛は精子を作る上で欠かせないミネラルの一つで、不足すると男性機能が衰えたり、味覚障害になるなど健康を害するリスクがあります。
増大効果のあるシトルリンと同時に摂取すれば、精液量アップにも繋がり、男性機能を高めることが可能です。

十分な成分が含まれているサプリであっても、安すぎるものは避ける必要があります。
というのも中国の工場で製造されたサプリの中には、成分の含有量が限りなく低い粗悪品が混ざっている場合があるのです。

一目で品質を判断するのは素人では難しいので、とりあえず国内メーカーか海外で実績豊富なサプリから選んだ方が安全です。

すぐ陰茎に増大効果を感じたいからと、用量を守らずに服用することは推奨されません。
いくらたくさん飲んだとしても効果がアップするわけではなく、むしろ副作用が出てしまうリスクが上がるだけでメリットがありません。

錠剤が一日一粒までと決められていれば、それを守ってください。
一気にたくさん飲むよりも、毎日一定量を継続して服用することの方がはるかに重要です。
即効性は期待せず、最低でも二週間から一ヶ月程度は様子を見るようにしましょう。

ペニスを太くする方法【まとめ】

チンコを太くする方法は大まかに分けて二種類です。
一つはチントレで鍛えて徐々に増大させていく方法、もう一つはペニス増大サプリを飲んで体の内側から大きくしていくやり方です。

これら以外に手術という手もありますが、ペニスというデリケートな部分に対してメスを入れるのはリスクが大きく、効果も短期間です。
なおかつ保険適用外なので費用対効果が低く、有効な手段とは言えません。

やはり着実にチンコを太くしたいのであれば、チントレが一番です。
トレーニング前にはウォーミングアップとしてペニスを温めること、そして過剰にやりすぎないことがポイントとなります。

牛の乳搾りに似た手法のミルキングとシンプルにチンコを引っ張るトレーニング、あとはPC筋を鍛えることが主なチントレの種類です。
どれかを選ぶというよりは、すべてを並行して行った方が効果は大きくなります。

一日二日で太くはならないので、トレーニングを日課にして毎日行いましょう。
最初は痛みを感じるかもしれませんが、慣れてくるとスムーズに行えるようになります。

痛みがあるにも関わらず無理してチントレをすると亀頭がうっ血したり、黒ずんでしまう恐れがあります。
必ず自分のチンコと相談しながら続けるようにしてください。

チントレと並行してペニス増大サプリの服用をおすすめします。
相乗効果が期待できるでしょう。
サプリならどれでもいいというわけではなく、有効成分がしっかり含まれているかを確認する必要があります。

最低限、シトルリンとアルギニンが配合されているものを選びます。
どちらもペニスの血流を促進させる作用があり、他にも滋養強壮や精力増強効果も見込めます。
さらに亜鉛が含まれているものを服用すれば、精液の量を増やすことができます。
ただ太くするだけではなく、男性機能全般を向上することが大切です。

ペニス増大サプリには偽物も存在しているので、国産か有名な海外メーカーの商品を優先的に選んでください。
粗悪品の場合は効果が低いだけでなく、副作用のリスクも高いので危険です。

また、用量用法は遵守してください。
たくさん飲んでも効果がアップするわけではありません。
トレーニングと同様に、毎日継続して飲み続けることが重要なのです。

トレーニングと増大サプリを活用して、チンコのサイズを太くしましょう。
ペニス増大が成功すれば、自分に自信を持って生きられるようになります。
決して諦めず、継続することを意識してください。