ちんこを大きくする, ペニス増大サプリ, 勃起, 精力剤

チンコサイズで包茎は治る?チンコ増大で包茎改善!

男性であれば少なからずチンコの悩みを持っていても不思議ではありません。
その中でもとりわけ不安が大きいとされているのが包茎に関する問題です。
包茎の人は比較的チンコの大きさや小さい傾向にあります。
もちろん、すべての人がそうというわけではありませんが、包茎の人はカリ部分が包皮で広く覆われた状態にあります。
つまり、チンコ全体が包皮に覆われた状態になっているので必然的に勃起をしてもその大きさが小さくなりがちになるというわけです。

チンコが先細であれば包皮で覆われた部分も当然多くなっていきます。
包皮で覆われた部位には皮脂汚れや古い角質などがたまりやすく、そこで雑菌が繁殖していけば臭いの原因にもなっていきます。
チンコの悩みとして多いのが、こうした臭いやかゆみなどのトラブルです。
自分だけでなく、セックスを行うパートナーも不快な思いをすることが十分に考えられるので、こうした症状はいち早く解消していくに越した事はありません。

チンコが大きくなればこうした症状が改善されるのでは?と思われる人もいるでしょうが、実際のところはどうなのでしょうか?まずはチンコの大きさがそれを覆っている包皮とどう関係してくるのか、この点をチェックしていきましょう。

チンコサイズと包茎について

包茎と一口に言ってもその種類にはいくつか挙げられます。
まず代表的な例としてよく挙げられるのが真性包茎です。
真性包茎は亀頭部分がすべて包皮で覆われた状態で、勃起した状態でも見た目に大きな変化はありません。
チンコ全体が覆われている分、汚れがたまりやすく臭いやかゆみの症状も出やすくなっていくのが特徴です。

次によく知られているのが仮性包茎です。
仮性包茎は勃起するとカリ部分を覆っていた包皮がめくれて亀頭部分が表にあらわれていきます。
常にカリ部分が覆われているというわけではないため、真性包茎に比べるとかゆみや臭いなどのトラブルは少なくなっていきますが、それでも問題がゼロになるというわけではありません。
手入れが行き届いていないともちろん、こうした症状があらわれやすくなっていきますし治せるものであれば早めに対処していくに越したことはありません。

この他、包茎の種類にはカントン包茎というものが挙げられます。
カントン包茎は包皮口部分が狭い仮性包茎のことを指しています。
無理に皮を引きはがしてしまうと勃起した時にその口部分で亀頭部分を締め付けてしまい元に戻せなくなってしまいます。
そのままの状態で放置してしまうと亀頭部分に血液が十分に行き届かずに細胞が壊死してしまう恐れもあるため、とりわけ注意が必要な症状でもあります。
カントン包茎の場合にはできるだけ早くクリニックで処置をしてもらい対処していくのがベストです。

包茎の対処方法を探していく際、まずは自分がどのタイプの包茎なのかを知っていくことが大切になっていきます。
そのタイプによって対処方法は異なってきますし、それこそ起こりやすいトラブルの内容も異なってくることになります。
真性包茎や仮性包茎であればそのまま放置してしまう人も中にはいるでしょうが、そのままの状態であれば見た目に悪いですし、何よりいつまでもチンコにコンプレックスを抱いた状態のままになってしまいます。

ちんこを大きくすると包茎を改善することができる

チンコを大きくすると先に挙げたような包茎の症状が改善されることがあります。
もちろん、中には例外もあるものの、包皮で覆われたペニス自体が増大すれば自然と包皮がはがれやすくなっていくのは確かです。
では、具体的にペニスを増大させていくためにはどうすればいいのでしょうか?
その方法としてまず挙げられるのがペニス増大サプリを用いる方法です。
ペニス増大サプリにはペニス内の血管を拡張して血流を促進する成分が豊富に含まれています。
ペニスが勃起する際にはペニス内の血管が拡張して血流が増えることでその硬さや大きさをキープしています。
ペニス増大サプリを継続的に服用することによってその作用を高めて包茎が解消しやすい環境を作っていくというわけです。

この他、包茎クリニックを受診すればヒアルロン酸を使った治療を受けることができます。
美容成分の一つでもあるヒアルロン酸を亀頭部分に注入すれば、物理的にチンコの大きさを大きくしていくことができます。
この方法は即効性があり、自分の好きな大きさにペニスの姿かたちを調整することができるのですぐにでも包茎を改善していきたいという人にもおすすめです。
費用負担は多少高くなっていきますが、その金額で長年のコンプレックスを解消できるというのであれば悪い話ばかりではありません。

費用負担を最小限に抑えていきたい、素人でも簡単にできる方法を試していきたいという人であれば、手軽なチントレに挑戦するのおおすすめです。
チンコが半勃起した状態で根元を指で絞めて亀頭部分に血液が集中するように刺激を加えていきます。
力を入れすぎないように注意しながらこの動作を5分程度繰り返していく、たったこれだけのことでも亀頭部分の大きさを大きくしていくことができるので、結果的に包茎の症状も改善しやすくなっていきます。
チンコの大きさを大きくして包茎の症状を改善していきたいという場合には、ここで挙げた3つの方法を参考にしていくといいでしょう。

チンコが大きくなれば包茎もなおる?チンコのサイズと包茎の関係【まとめ】

チンコの大きさが大きくなれば、必然的にそれを覆っている包茎がその負荷に耐えられなくなるので見た目が改善されやすくなっていきます。
もちろん、すべての人が先に挙げた方法で治っていくというわけではありませんが、手軽な方法でチンコのコンプレックスを解消していきたいという時にはおすすめです。

実際に包茎の人はペニス自体が短かったり、細かったり、あるいはカリ部分が目立たなかったりと、太さや長さが十分でないケースが大半です。
包皮で十分にペニスを覆いきることができるので、結果的に症状が改善されないまま成長していってしまうわけです。
男性であれば成長の段階で勃起が起こり、それがきっかけでペニスを大きく覆っていた包皮がはがれていきます。
自然にはがれる人がいれば、自分で多少手を加える人もいますが、そのどちらの場合でもうまくいけばチンコにコンプレックスを感じることもなくなるわけです。

とはいえ、成長してからもそのまま包皮がペニスを覆ったままという人は決して少なくありません。
特に日本人は海外の男性に比べてもその比率が多く、とりわけ注意が必要になってくる症状となっています。
本来であれば、クリニックで本格的な手術を受ければ包茎の症状も一気に改善されていくわけですが、いきなり手術を受けるとなれば不安も倍増していきます。

それこそ、クリニックに苦手意識のある人、包茎手術を受けるだけの予算がないという人には先に挙げたような地道な方法が向いています。
ペニス自体の大きさが長く、太くなっていけば、結果的にチンコに関する悩みもすべて解消していくことができます。
セックスをするパートナーにも抵抗なく自身をさらけ出すことができますし、症状が治ることで自身の快感も増していくことになります。
まさにいいこと尽くしの対処方法というわけです。
まずは自分でできる、簡単な方法から試していくと抵抗なく性器に関するコンプレックスを解消していくことができるでしょう。

ちんこを大きくする, ペニス増大サプリ

亀頭を大きくする方法|ペニスのカリ首増大方法

亀頭増大

ペニスの先部分、亀頭が小さいと一体どのような問題が起こりうるのでしょうか?一番に挙げられる問題点は、亀頭が小さいことによって女性の快感を損ねてしまう可能性があるという事です。

見た目からして亀頭が小さいとペニス全体が小さいように思われてしまいますし、ペニスの挿入時に先が細いと女性の快感をうまく引き出せないまま行為が終わってしまう恐れもあります。

もちろん、先が細いとすべてのケースで女性が満足できないというわけではありませんが、対策は打っていくに越した事はありません。

では、具体的に性器の先端部分を増大させていくためにはどうすればいいのでしょうか?素人ができる対策方法は限られてきますが、まずはその内容をチェックしていくことからはじめていきましょう。

本格的な方法となれば、外科手術を受けるなど対策ができますが、そこまですれば当然のことながら費用負担や精神的、肉体的な負担も大きくなっていきます。

まずは手軽な素人でもできる対策方法から始めていくのがおすすめとなってくるわけです。
人によってはこうした簡単な対策方法でも十分に効果を発揮することがありますし、セックスに関する悩みもいち早く解決していくことが可能です。

亀頭を大きくする方法|3通りある

亀頭を大きくする方法は、大きく分けて3通りあります。

ペニス増大サプリを使って亀頭増大をする

まず一つ目が専用のサプリメントを使って性器自体の大きさを大きくしていく方法です。
カリ部分だけでなく性器全体を大きくすることができれば、当然見た目の変化も実感しやすくなっていきます。

また、女性の快感も引き出しやすくなるので、対処方法としてはうってつけです。

サプリメントは1回服用したからといって劇的な変化をその場で得られるというわけではありませんが、継続的に服用を続ければ着実に問題点を解決していくことができます。

クリニックで亀頭増大

二つ目の方法はクリニックで専門的な治療を受ける方法です。
クリニックであれば、医療技術、知識を兼ね備えた専門の医師が治療を担当していきます。
素人が行う対策よりも確実に亀頭部分のケアを徹底していくことができるので、安心面はより高くなっていくでしょう。

もちろん、クリニックに通ったからといって絶対に症状が改善されていくというわけではありませんが、クリニックでしか処方されないような本格的な薬が服用できる、必要に応じて処置がなされるというのであればこれに越したことはありません。
自由診療となればその分費用負担が大きくなっていきますが、それだけの金額でこれまでコンプレックスに感じていた亀頭部分の小ささを克服できるというのであれば悪い話ではありません。

チントレで亀頭増大

3つ目の方法はチントレを行いペニスの大きさを増大させていくという方法です。

ペニスが勃起する際に用いられる筋肉を日ごろからトレーニングで鍛えていくと、自然とその効果が実感できるようになります。

本来、勃起はペニス内部の血管が膨張してそこに通常よりも多くの血液が流れこむことによって誘発されていきます。
神経ホルモンが作用することで血管や血液量に変化が訪れるわけですが、チントレではこの血管の状態、血液量を多少コントロールすることも可能になっていきます。

完全なコントロールは難しい面もでてきますが、ベニスの状況に合わせて亀頭部分に血液を集中させるようにすれば、自然とその大きさをキープしていくことができます。

亀頭部分の小ささにコンプレックスを抱いているという人であれば、ここで挙げた3つの方法を参考にその対策を打っていきましょう。

どの方法を選択するのかは人それぞれでことなってくるものの、より自分の好みや予算にあったものを選ぶことで、賢く亀頭が小さいというコンプレックスを解消していくことが可能になっていきます。

亀頭を大きくする方法|サプリメント

亀頭を大きくする方法の中でも最も手軽で確実性が高いのがサプリメントを活用する方法です。

この手のサプリメントにはいろいろな種類が売り出されていますが、中でも亀頭を大きくするのに最適とされているのが、ペニス増大サプリです。

こうしたサプリの中には男性ホルモンの一種であるシトルリンとアルギニンという成分が豊富に含まれています。

こうした成分は体の中に入ることで血管の拡張を促し、そして血流を促進する効果があります。

そもそも、ペニスが勃起する仕組みを把握していくことがここでは大切になっていきます。

ペニスの中にはスポンジ状になった器官が存在していて、この器官の中にある血管が拡張し、血流が促進されることでペニスの硬さや大きさをキープすることができます。

男性が性的興奮を覚えると神経系から先に挙げた男性ホルモンが分泌されて、ペニス内の器官、血管がこうした動きを促していくというわけです。

本来であれば、問題なく勃起が行われていくわけですが、亀頭部分の大きさが極端に小さい人であればこの勃起力がそもそも低い可能性があります。

体質的な問題で亀頭が小さいというケースも考えられますが、勃起力に問題があることでトラブルが引き起こされているというのであれば、サプリメントを活用する方法がベストになってくるというわけです。

 

商品によって得られる効果に違いが出てくることになりますが、高品質のものであれば、ペニスだけでなく体全体の血行が良くなり、より代謝に優れた健康的な体をキープすることができます。

よく、ペニス増大サプリを服用して体が温まってくるのはこうした理由があるからです。

そして、こうしたペニス増大サプリメントは1回だけ服用して十分な効果が得られるというものではありません。

確かに、何も服用しない状態よりも1回でもサプリメントを服用した方が変化は出やすいですが、少なくとも数週間程度はサプリメントの服用を続けることが大切です。

長く続ければ続けるほど、体の中でサプリメントの成分がうまく働くようになりますし、効果をさらに高めていくことも可能になっていきます。

サプリメントを使って亀頭部分を大きくしていきたいという場合には、少なくとも数週間程度サプリメントの服用を続けるようにしていきましょう。

たったこれだけのことでもサプリメントが自分の体に合っているのかどうか、効果がどれだけあるのかを判断していくことができるようになります。

亀頭を大きくする方法|クリニック

陰茎増大

クリニックで亀頭を大きくする方法であれば、より確実に見た目の状態を改善していくことができます。
元々の勃起力が低いことでペニス全体が小さく見えてしまうという人であれば、先に挙げたようにサプリメントでの対策がおすすめです。
ただ、体質的な問題で元々のペニスが小さい、亀頭が小さくなっているというケースであれば別の方法で対処していくしか方法がありません。

そこでおすすめになってくるのが亀頭部分にヒアルロン酸注射を行う亀頭増大術という治療です。
この治療では、人間の肌内部に元々存在するとされるヒアルロン酸という成分を亀頭部分に注入してい行きます。
カリを大きく見せたい時にはある程度好みのデザインにその形を近づけることができるので、まさに理想通りの結果が得られる方法というわけです。

ペニスに注射器を用いると聞くと不安を感じる人もいるかもしれませんが、この時はしっかり麻酔が施されますし、傷跡が患部に残る心配もありません。
痛みはほとんどなく、より確実に亀頭の形を変えることができるので、即効性のある方法を試していきたいという人にもおすすめです。

ただ、このヒアルロン酸成分を用いた治療の場合、注意していかなければいけない点も存在しています。
というのも、この治療で用いられる製剤は元々人間の肌内部に存在している成分でできています。
時間の経過とともに肌の内部に成分が浸透していくことになるので、いつまでも治療した直後の亀頭の大きさをキープすることはできないという事です。
人によっては半年から数か月ごとに治療を繰り返さないとその大きさや形をキープできないこともあるので、この点はしっかりおさえておくようにしましょう。

また、クリニックを利用する方法であれば、その費用負担にも注意が必要です。
クリニックで行われる亀頭増大術にはほとんどのケースで保険が適用されません。
亀頭が極端に小さく、保険が適用されるケースももちろんありますが、それでもこの治療には10万円弱の費用負担が必要になっていきます。
完全自由診療であれば、それこそ数十万円単位で費用が必要になってくるため、予算に限りがあるという人には不向きな方法となってきます。

クリニックで本格的な治療を受ける際には、その費用負担についてもしっかりチェックしていくようにしましょう。
利用するクリニックによって明確な料金が変わってくることがあるので、予算に限りがある人であればできるだけ価格の低いクリニックを優先的にチェックしていくのもおすすめです。

亀頭を大きくする方法|チントレ

チントレ

亀頭を大きくするために、素人でも簡単にできる方法として知られているのがチントレです。
チントレは患部の血行が良くなる入浴時に行うのが一番効果的です。
そもそも、ペニスの勃起はその器官の中の血管が拡張することで引き起こされています。
つまり、勃起力を促して、血管の拡張をより促していけば、自然と亀頭部分の大きさも大きくしていくことができるという事です。

チントレは大きく分けて亀頭増大チントレとミルキング、ジェルキングなどの方法があります。
まずミルキングを行い場合、体が十分に温まった状態でペニスを半勃起状態にしていきます。
ここでペニスの根元を人差し指と親指で軽く握り、そこから中指、薬指、小指の順で力をいれていきます。
亀頭部分に向かって血液を集中させるこの動作を5分ほど繰り返してトレーニングは終了です。
この時力を入れすぎると水膨れを起こす恐れがあるので、この点だけは注意していきましょう。

ジェルキングの場合、半勃起状態で根元を親指、人差し指でつかむまで動作は一緒です。
この時、ローションなどの潤滑油を用意しておけばさらにトレーニングがしやすくなるのでお勧めです。
この親指と人差し指を亀頭部分に向かってゆっくりと移動させていきます。
牛乳絞りの感覚で5分程度、作業を進めていくとうまく亀頭部分の血管を鍛えることができて効果的です。

亀頭増大チントレの場合でも、最初の手順はミルキングと同じです。

半勃起状態でペニスの根元を握り、PC筋に力を入れて亀頭部分に血液を集中させます。
この動作を10秒間行ってから根元部分の手を放します。
PC筋とは睾丸と肛門の間にある筋肉のことでペニスに血液を集中させるために用いられている筋肉としても知られています。
この動作を5分程度繰り返しておけば、亀頭部分の大きさをキープすることができるだけでなく、早漏防止や勃起力を高める効果も期待することができます。

こうしたトレーニングはペニス増大サプリを併用することでさらなる効果を期待することができます。
ある程度、サプリメントで勃起力を高めた状態、血管や血液量の状態を改善した段階でトレーニングをすれば得られる効果も高まるということです。
チントレの方法で亀頭が小さいというコンプレックスを解消していきたいという場合には、ここで挙げた内容を参考にしていくといいでしょう。
1回のトレーニングですぐに大きさに違いが出るというものではありませんが、継続して続ければ自然とその変化も実感しやすくなっていきます。

ちんこを大きくする, ペニス増大サプリ, 勃起

粗チンって?何cm?

今野

男性器のチンコが小さいことを粗チンといいます。

基本的には平均よりを下回る場合で日本人の場合には平均が12.5cmとされますから、これより短い場合を指します。
ただその程度も異なってくるもので、より小さい場合のみ指す場合があります。

医学的に見れば5cm以下の大きさしかない場合にはマイクロペニスよ呼ばれ、あまりにも短い場合には性交渉時に女性器への挿入が難しくなり子作りに問題が出るため、病院で治療するべきものとされるものです。

一方で、5cm以上の場合にはそれほど問題ないとされますが、それでも問題があります。
女性器の膣の奥行きは7cmから12cmと個人差がありますが、チンコが小さい場合には子宮口まで届かなく、子宮口周辺にあるボルチオ性感帯に届かなくなり女性に対して快感を与えられなくなり性生活で問題になります。

 

このようなことから粗チンの基準としては医学的に見れば5cm以下で、女性に快感を与えられる基準から見れば7cmから12cm以下、見栄っ張りな男性から見れば13cmから15cm以下とされます。

一方でチンコは極端なマイクロペニスを除けばトレーニングすることで大きくすることができるので粗チンを改善することが可能です。

ちんこの平均的な大きさ

チンコの大きさは人種によって異なりアジア人の場合には平均より小さいとされます。
具体的には世界平均は勃起時は13.12cmであるのに対して日本男性は12.5cmとなっています。

粗チンの考え方が平均よりも小さいと考えれば12~13cmより小さければ該当します。

ただあくまでもこれは統計的な考え方であり、実際にちんこの大きさは見た目やセックスをしているさいに女性を十分に満足させられることがポイントになってきます。

つまりセックスで十分に女性を満足させることができず、その理由をチンコに求めた場合に粗チンと言われます。
このようなことになる場合には膣内をチンコで十分に満たす事が出来ない状態であり、女性に個人差があるものの7cmから12cm以下であれば粗チンといえます。

またチンコは性的な魅力を感じるものでもありある程度の大きさや形が整っていることも女性に魅力的と思われるポイントです。

また長さだけでなく太さもポイントで世界平均でみれば勃起時に外周は11.66cmとされます。

これは竿の部分の太さで亀頭部分はさらに大きくなります。
亀頭部分が大きいほど刺激を与えやすくなるメリットがあり、単にチンコがながければ良いものとはいえません。

 

いずれにしても平均的な大きさである12~13cmを満たしていない場合にはセックスのさいにチンコによって満足な快感を与えることが難しいためそれ以外の方法で女性を満足させるといった工夫が必要です。

 

一方で見た目や女性を満足させるといった問題の粗チンのほか、セックスに問題が出るのが5cm以下のマイクロペニスです。

マイクロペニスと判断されると女性器へのチンコの挿入および射精そのものが難しくなり性機能疾患として扱われます。
チンコが小さいことが悩みで美容整形などで治療をする場合には、自由診療となり全額自己負担になりますが性機能疾患とされれば健康保険を使って治療を受けることが可能です。

チンコが小さいことは必ずしも不妊とは関係ないとされますが、射精をするためにはチンコに一定の刺激が必要であり、その刺激を十分に受けることができない場合には膣内での射精が難しく自然な状態での妊娠が難しくなるため不妊原因のひとつとしても考えられます。

なお、マイクロペニスは多くは成長期に十分なチンコの成長が見られない場合に治療が行われるもので、男性ホルモンを補充するといった治療によってチンコの成長を促すといったことが行われますが、成人男性の場合には手術によって大きくする治療も行われます。

粗チンを治療する場合

粗チンを治療するといっても、その状態によって異なってきます。
成長期に十分なチンコの成長が見られずマイクロペニスとなっている場合で、その原因が男性ホルモンの分泌量が少ない場合には男性ホルモンのテストステロンを補充する治療が行われます。

テストステロンそのものは男性の睾丸で作られる男性ホルモンの代表的なもので、これを補充することでチンコの成長を促します。

特に成長期にある男子に対して行われるもので一般の泌尿器科の病院などで治療を受けることができるもので、大きさが足りないと子どもを作ることに問題があるため健康保険を使える場合もあります。

 

一方で成長期が終わった成人男性になってしまうとテストステロンの補充では効果が見込めませんから手術によって粗チンの大きさを改善します。

マイクロペニスの場合には健康保険が使える場合がありますが、多くは美容という観点から行うことがほとんどですから健康保険は使うことができません。

種類としては長径術と陰茎増大術、下腹部脂肪吸引の3種類が知られます。

長径術の場合には、切らない方法があり、切らない場合には糸を使ってチンコを前に引っ張り出すというものです。
一方で従来の長径術はチンコを支えている靭帯を切ることによって引き出すというものになります。

チンコは見えている部分と体内に埋没している部分がありいずれの長径術でも埋没しているものを引き出すというものです。
糸で引っ張り出す場合には糸が吸収されてしまうと元に戻ってしまいますが、比較的安い費用で行うことができます。

従来の靭帯を切る場合にはほぼ永久的に効果が続くメリットがあるのが特徴です。

また下腹部の脂肪吸引は肥満気味の男性に有効な方法で埋没している部分の脂肪を取り除くことで脂肪によって隠れているチンコを出すというもので、これらの方法はチンコの長さを改善することが可能ですが、太さに関しては改善されません。

 

陰茎増大術はヒアルロン酸などをチンコに注入することで大きくするというものです。

ヒアルロン酸は体内に存在する成分ですからいずれは体内に吸収されてしまいますが、シリコン素材のプロテーゼをチンコに入れる場合もありますし、亀頭部分にヒアルロン酸を注入した場合には亀頭を大きくすると同時に長径術ほどではありませんが、長さも伸ばすことができます。

費用としてはもっとも高い部類ですがセックス時に必要な女性に刺激を与えるために必要なチンコを手に入れることが可能です。

粗チンより大きい5cm~10cmの場合

5cm以下のマイクロペニスの場合には、女性を妊娠させる機能に問題があるため治療するだけの価値のあるもので、実際にさまざまな治療法があり選択肢も豊富です。
成長期であれば男性ホルモンの補充方法がありますし、また長径術などの治療を行うだけの価値があるものです。

 

その一方でチンコの長さが5cm以上の場合にはセックス時の女性への刺激が十分に与えられないという程度の問題と捉えられるのが一般的です。

妊娠させる機能があればそれは病気ではありませんし、男女の関係がプラトニックであればそれほど大きな問題になりません。
しかし、セックスは子どもを作るといった行為の他にもコミュニケーションという側面もあり、コミュニケーションとして満足行くセックスを行うことができなければ粗チンは別れる原因にもなるものです。

 

そもそもチンコが小さいことで女性に快感を与えることができない理由は膣の部分にある性感帯への刺激をチンコによって行うことができないというものです。

性感帯そのものは乳房やクリトリスなど複数あり、それらを刺激して気分を高めることで快感を与えることができます。
しかし、最後にはもっとも刺激を受ける膣内の性感帯を十分に刺激できなければ最後まで満足行くセックスができません。
膣内から刺激される場所としてはGスポットやポルチオなどが知られます。

現在ではさまざまなアイテムが売られており、それらを使ってチンコが小さくても刺激を与えることは可能ですが、それでもラストは本物のチンコで刺激を与えられることが上手なセックスをする上では重要です。

 

女性の膣の性感帯としてはGスポットとポルチオがありますが、Gスポットの場合には途中にあり、ポルチオは子宮口周辺に存在しています。
性感帯は個人差があり、感じやすい人もいればまったく感じない人もいますが、チンコがそれらを刺激するのに十分な大きさがあることがポイントです。
このため女性の膣の深さの平均である7cmから12cmは欲しいところです。

またポルチオは突かれることで刺激を受けるものですから長さがポイントになりますが、Gスポットは途中にあるため亀頭が大きく引っかかるように刺激する必要があるため亀頭の大きさもポイントになってきます。

このためマイクロペニスではなくペニスの長さが少し足りないといった場合には亀頭の増大術を利用するのも手段です。
ヒアルロン酸による注入であれば日帰りでチンコを大きくすることもできます。

勃起の大きさが10cm~13cm程度の場合

平均より少し短い程度の場合にはトレーニングをすることで改善することが可能です。
チンコそのものは海綿体と呼ばれるスポンジ状の部分と下腹部からつながる筋肉によって出来ています。
このためトレーニングすることで大きくさせることが可能です。

 

美容整形術では物理的にチンコを大きくするため十分な効果が期待できますが、長径術ではこれらを引っ張り出すことで長くするというものですが、靭帯を切ったり糸で吊り上げるというものであるため、ナチュラルな仕上がりにはなりにくいものです。

このような場合には身体の内側から大きくするペニス増大サプリを利用してみるのも方法のひとつです。

 

日本人男性の平均のチンコの大きさは12.5cmですから、10cm~13cm程度であればトレーニングとサプリメントを使うことで平均値以上にすることができます。

ペニス増大サプリの中には大幅に大きくなると謳っているものもありますが、サプリメントだけで大きくなることはなくトレーニングが重要です。

そもそもペニス増大サプリの成分はシトルリンとアルギニンの2つの成分によってなりなっています。
いずれも普段から食べ物から摂取している成分ですが、シトルリンの働きとしては血流を良くする効果があり、アルギニンは細胞の成長を促進します。

 

シトルリンは遊離アミノ酸のひとつでスイカなどのウリ科の植物に多く含まれています。
体内に入ると血管拡張作用があり血流を良くする効果や血流量の増加により運動パフォーマンスを向上させることが可能です。
またその他にも疲労軽減や抗酸化作用がありチンコだけでなく筋肉を鍛えるのにも効果があります。

さらにシトルリンが増加することでアルギニンが増え体内の一酸化窒素の濃度が上昇させます。

一酸化窒素はチンコを勃起させるのに必要な成分であり十分に体内に取り入れることで勃起力を高めることができます。
またアルギニンもアミノ酸の一種ですが体内に多く存在すると成長ホルモンの分泌を促す働きがあり、これによって身体の細胞を活性化させることができます。

 

つまりペニス増大サプリはシトルリンを体内に取り入れることで勃起のしやすさや細胞の成長を促すことによってペニスを大きくするというものです。

チンコは筋肉と海綿体細胞から出来ていますが、血流がよくなることで海綿体細胞の容積が増えますし、また筋肉の成長を促すことが出来ます。
これらに外部から刺激、つまりチンコトレーニングを組み合わせることでチンコを力強く自然に成長させることができます。